【伝えたい】ウツになりやすい社員の気質3選

query_builder 2021/08/13
ブログ
New file (5)

 御社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。今日は社員のメンタルヘルスと言うことで、うつ病になりやすい素質と言われる3つの気質のお話をしたいと思います。

ウツにはなりやすいと言われる気質があります

ウツになりやすい3タイプとは

 現在、うつ病になりやすい性格の人は3つの気質に分類されると考えられています。


 もちろん、すべての気質に当てはまらない方もいらっしゃるとは思いますが、当てはまる場合も多いので、社員のメンタルヘルス・マネジメントのために知っておくと参考になると思いますので簡単にですが、ご紹介いたします。

1.循環気質とは

 やたら明るくパワフルな躁と言われる状態と、何もやる気が起きなくなる抑うつ状態を行き来する方は、双極性うつ病に移行することが多いようです。


 社交的で優しくて親切で人気者になりがちなのですが、激高しやすいと言われています。喜怒哀楽が激しいタイプの社員は要注意となります。

2.粘着気質とは

 義務感が強く、仕事熱心でまじめ、曲がったことが嫌いなこのタイプは、コツコツと仕事をこなしていくので仕事量を増やせません。
 仕事を丁寧に集中してやった後、休暇をとったり仕事が終わるとガクっと来て抑うつ状態になってしまうタイプです。


 コツコツ仕事をこなしていくため、上司からの信頼が厚く有能な方も多いのですが、いくつも仕事を抱えてしまうと、どれか優先順位をつけられずパンクしてしまうことも多いので注意が必要です。


 コンピュータータイプの思考で、0か1か。どちらかだ。と結果を分けたがる傾向があります。

3.メランコリー親和型気質

 常識的な行動を好み、他人に思いやりと配慮を忘れず、他者との円満な関係を構築することを重視します。

 

 リーダーにぴったりな気質と思われがちなメランコリー親和型気質ですが、他人からの目を必要以上に気にして、問題が起こると自分が悪いと考えてしまうため、出世して人の上に立つとストレスに押しつぶされてしまうことがあります。

もちろん複合型もあります

 もちろんいくつかの気質が複合していたり、当てはまるからと言って確実にウツになるわけではありませんが、このような気質が存在すると知っておくだけでも参考になるかもしれませんね。

ウツを防ぐために有効なのは?

信頼関係を築く

 社内での信頼関係を作るのが、ウツ病を出さない基本的な施策となります。上司と部下の信頼関係があれば、つらい時につらいと言い出しやすくなります。


 うつ状態で仕事をしていても、効率も上がりません。なので社員たちが健康で生き生きと働く会社は業績が上がっていくもの。社員のメンタルヘルスは会社の業績と切り離せないものとなっています。


 ご拝読ありがとうございました。

NEW

  • ストレスに負けない!ストレス予防法とは

    query_builder 2021/10/19
  • 部下のストレスに気が付くために気を付けたいこと

    query_builder 2021/10/18
  • 職場のメンタルヘルスマネジメント:職場改善のステップとは

    query_builder 2021/10/15
  • 【厚生労働省】精神・発達障害者しごとサポーター 養成講座

    query_builder 2021/10/14
  • 品評会や見本市で美女にコンパニオンを頼む本当の理由とは

    query_builder 2021/10/13

CATEGORY

ARCHIVE